痛みなし効果ありの美容鍼

美容鍼を初めて受けられる方にとって、「痛いのでは?」という不安になることは多いもの。 でも、実際に施術を受けてみると、全然痛くないことにきっと驚くことでしょう。 コリの強い部位や老廃物の溜まりやすいところには、多少痛みを感じやすいことはありますが、ほとんどは「刺されたのかな?」と、なんとなくわかるかなという程度のものになります。 とはいえ、本当に痛くないのか?どのような鍼を使っているのか?どのように刺すのか?気になるところですよね。今回はその疑問にズバリ答えていきます。

LINEで送る

美容鍼の鍼は痛い?

「美容鍼を受けてみたいけど、痛みがあるのに効果ナシだったら嫌だな」とは誰しも思うことと思います。ご安心ください。美容鍼は特殊な鍼を使っており、ほとんどのケースで痛みはありません。

その鍼の細さはたった0.2㎜。きわめて細い鍼になります。しかも弾力があるので、皮膚内の固い組織は避けて貫入するので、痛みがほとんどないのです。

また、基本的には痛みを感じにくい「経穴」というツボに鍼をうっていきます。実はこの「経穴」は、そもそも痛みを感じにくい部位であり、鍼をうっても安全な位置にあるのです。

みなさんのなかには、中国の鍼灸術は太い鍼を用いてブスブスと刺しているのをテレビなどで見たことがあるかもしれません。そういった映像では芸能人がとても痛がっていたりするものですが、そのような施術は、日本ではごく稀な方法で治療を行っているのです。つまり日本では、中国とは異なった方法で鍼を用いているのです。

痛みを感じにくい管鍼法

・特徴

日本における鍼のうち方を、管鍼法といいます。シーバイカリスタの施術で用いているのも、この管鍼法ですので、痛みを感じにくいのです。

この方法は、その名の通り管の中に鍼が入っており、鍼頭を指先でトントンと叩いて、鍼が皮膚内に入っていくしくみです。痛みがたいへん少なく、とてもやさしい鍼だと言われています。

皮膚表面を瞬間的に通過するすので、細胞の破壊を最少限に抑えます。したがって、痛みを感じないのです。
また鍼の先端はごくわずかに丸くなっていて、抵抗が少なくスムーズに皮膚内に入っていきます。組織を切り裂かずに押し広げるように入っていくため、無駄な刺激を与えない構造になっています。

このような管鍼法に対して、中国では素手で太い鍼をひねりながら刺していくために、痛みが出やすいのです。

・痛みを感じにくい、皮膚の構造

皮膚の表面には痛点(痛みを感じる箇所)がびっしりと存在しています。痛点とは痛みを感じる箇所のことを言います。どんなに細い鍼を使っても、避けられないのですが、ある一定以上の刺激でなければ反応しません。つまりそれ以下の刺激では痛みを感じないのです。強い刺激を与えないうち方を工夫しているため、より痛みは感じにくいのです。

鍼治療で感じる”響き”

鍼をうつ時に生じる痛みは、大きく二つのタイプに分けられます。ひとつはチクリとした”刺入痛”、もうひとつはビーンとした痛み、いわゆる”響き”と呼ばれます。
この”響き”は、鍼特有の感覚です。

これは、筋肉の表面や神経に与える刺激で、「ビーン」というような少し痺れるような重たい痛みを感じることがあります。人によって感じ方はさまざまですが、慣れていて鍼をされている感じがするとして心地よく感じる人もいます。もちろん苦手な方には、刺激の度合いを調節して施術を行います。

“刺入痛”の原因

“響き”に対して、チクリとする痛みはなぜ起きるのでしょうか。
そのよくある原因は、毛穴に鍼が刺さっていることです。毛穴には血管などの神経が集中している部分です。鍼を刺すと痛みを感じることがあります。それでも、猛烈な痛みではないのでご安心下さい。

毛穴が広がっていることも要因の1つで、生理前などホルモンバランスの乱れなどの影響で肌が敏感になることも考えられます。紫外線などのダメージも要因の一つです。日焼け直後は痛みに非常に敏感になっています。

またその他に考えられるのは鍼灸師の技量不足でしょう。熟練した鍼灸師であれば痛みをコントロールすることは可能です。特に鍼の打ち方では、左手で体に触れ押さえる押手をつくり、右手で鍼をもつ刺手を作るのですが、押さえる方の手が弱いと鍼が不安定になり、痛みを引き起こしやすいのです。

痛みがほとんどないシーバイカリスタの鍼

シーバイカリスタでは鍼灸師の技術確認を定期的に行い、痛みのない施術を徹底しております。お客さまの好みに応じて刺激量を細かく調節できることはもちろん、用いる鍼も0.2㎜よりも細いものを使うことがほとんどです。
常に、痛みを感じていないか、小さな表情の変化も見逃さないように留意しています。

さらに、痛みを感じやすい部分に鍼をうつ場合は、事前にお知らせして驚くことがないように心がけ、もし痛みがあった場合はすぐに対処し、お客さまに無理のないように施術しております。

また鍼の施術と組み合わせて、カッサなど顔のコリほぐすマッサージや老廃物をしっかりと流す低刺激性の施術も併せて施すことで、美容鍼の効果を最大限に引き出すことに努めております。

確かな技術力のあるサロンへ

せっかく勇気を出して美容鍼を受けてみたけど、とても痛くて続けられない、では意味がないですよね。
シーバイカリスタでは国家資格を持った鍼灸師が十分な研修と日々の技術鍛錬を行うことにより、常に高い技術レベルを維持しております。

一人でも多くのお客さまに安心して美容鍼を受けていただけるように、これからも成長し続けるシーバイカリスタに是非一度足をお運び下さい。

  • 参考になった (1)
LINEで送る

おすすめのコラム

小顔になるツボ押しで、理想のフェイスラインを手に入れる

ツボ押しで小顔矯正できるって本当? そもそもツボとは、「気」という東洋医学の考え方に基づくものです。 気は自然界にあふれているエネルギーで、人体も臓器から指先まで巡っていると考えられています。この気の巡る道筋のようなものを「経絡」と言い、経絡を通る「気」が不足したり流れが悪くなると、身体が不...

>続きを読む

腰痛に効く「鍼」!その効果の持続時間は?

腰痛は鍼治療で治る? 鍼灸治療は、米国内科学会の腰痛治療に関するガイドラインでも推奨されているほど治療効果が期待できます。 鍼灸が推奨される理由としては、身体のバランスを整え、症状からの回復機能を自身の力で高めていくという独自治療法が注目されているからです。 また、薬を使わない治療の一...

>続きを読む

冷え性を改善する、鍼灸師がおすすめするツボ

冷え性の原因とは? 血行不良によるもの 運動不足などにより筋肉量が低下してしまうと体が冷えやすくなります。 筋肉は心臓と同じように血液を全身に送るポンプの役割をしているため、筋肉量が少ないと全身に血液を効率よく運ぶことができません。 姿勢も大きな原因でデスクワークや長時間の同じ姿勢は血液...

>続きを読む

予約